オチコラム2

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

最後の丘へ。 

パリに居れる時間もわずかばかり、

P1000457.jpg


通りのお店で何気なく買って食べたフランボワーズが美味しくてお腹壊すくらいぱくぱく食べちゃったり、
バレエシューズのお店でこれください!NON!サイズがありません!がーーーーん
海外でもわたしの足は規格外。とショックうけたり
チープ可愛いお店をみつけては入ってみる
「メルシー♪」

P1000461.jpg

あっという間

残された時間で最後に目指したのは、モンマルトル。

アメリの舞台になった場所で、小高い丘を目指した。

fc2blog_20160914213659894.jpg

やっぱり、フランスの夕暮れはトリコロールできれい。

P1000472.jpg

サクレ・クール寺院
たくさんのひとで溢れていた。

お食事に入ったレストランで、お隣の席のちびちゃんがじぃぃとこちらを見ているのに、
目を合わすとプイってするのが可愛らしくて、
最後はチャオって手を振ってくれた。
イタリアからきてたのだね。
東洋人が珍しかったのかしら。

不思議です。

観光にきているアジア人は少なくない。
チャイニーズ?コリアン?
その他諸々聞かれる事の方が少なくて、

店員さんに「おっきいの?ちっちゃいの?(にやっ)」って茶化されたり、
なんでわかるのかしら、日本人ですが、
あたたかい気持ちになる。



ぼうけんのしょに記録します(35年分)
また、これますようにと。

スポンサーサイト

△page top

宮殿へと。 

ミッション:郊外線不通の為バスで迂回せよ

(まじかよ!!)

そんなトラブルも楽しむが吉でしょう。

いやーしかしまぁさっぱり難かしいフランス語。
(第二外国語でちょっとだけ、、)
英語もスーパースローでお願いします。
ごめんなさい。。
お勉強きらーい。

でもね、手探り道中が超楽しいんですよ。

うきうきミュゼットのおっちゃん登場したり、
どこか別の国(北欧?)の方から訪ねられたり
「ここで降りていいんだよね?」

人と目を合わせる事がこんなに自然なのに驚いた。
すごく素敵だと思う。
いろんなくに

行き着く先は

P1000399.jpg

LOUIS XIV
太陽王!!!

ベルサイユ宮殿

fc2blog_2016091421105330e.jpg

この世にこんな絢爛豪華な建造物があるもんだねー、ふむー

fc2blog_20160914212209dfc.jpg

たくさんの天井画。
ひとつひとつに意味があって、
ここは礼拝堂、寝室、娯楽の間?
聖書を知っていたら、何か読み解けたのか。

人ごみをぬけると

fc2blog_20160914211301952.jpg

うおおお、広いよ
もうだめだ、馬車よんでお願い。ってなるね。笑

fc2blog_20160914212242b27.jpg

革命が起こって時代が変わっていくお話しが、
教科書や本の世界からとびだしてきた。

fc2blog_20160914212138eb9.jpg

最後ののドアが開けられそうな鍵

fc2blog_20160914211955b3b.jpg

気分はマリーより
オスカルだなぁ。🐎

△page top

フランス3日目。 

真っ青。

P1000386.jpg

東京のメトロは、パリのメトロからきてるって今更知りました。

色分けしてあるのをいいことに
千代田線!
副都心線!
銀座線!
なんていって、識別してみたりして。

P1000387.jpg

向かった先は、ペール・ラシェーズ墓地



歴史に名の残る著名な方と、一般の方が一緒に眠ってるのが新鮮です。
広大な敷地内で迷いに迷っていたところ、

にゃーん

一匹の黒ハチワレくんが見た方向。



フレデリック・ショパン

P1000379.jpg

ポーランドの印象でいっぱいだったのだけど、
没年フランスだったの知らなかった。
クラシックに没頭していたのなんてほんの学生の頃なのに
言い表せないような気持ちになりました。

至らず、不甲斐なく、叱られてばかりでした。
けど、大好きでした。


P1000381.jpg

そのすぐ横に、ジャズピアニスト、
ミシェル・ペトルチアーニ

そっとお花をたむけた。

時代を超えて、ジャンルを超えた偉人が眠ってる。
ちょっとしばらく空気になってしまった。
猫ちゃんはいなくなってた。

東の果てからまさかこんなところまでこれると思っていませんでしたよ。
生きてるってすっごいな。

時空を超えたような気がした午後でした。

△page top

海峡にうかぶ聖堂。 

パリから5時間。
広大な牧草地帯を走り抜けて、

モンサンンミッシェル。

P1000243.jpg

青空に浮かんでた。

P1000274.jpg

要塞の回廊をどんんどん登る。

P1000312.jpg

内部は石造りでひんやり

聖堂、修道院としての本来の姿と
英仏100年戦争の、ものものしさを兼ね備えていた。

不思議な静寂

P1000321.jpg


P1000324.jpg

あとから知ったんだけど、
モンサンミッシェルと、広島県廿日市市(こどもの時住んでた町)が観光友好都市だって聞いてちょっとほっこりしました。
厳島神社があるからね。すこしだけ、通じるかな?

フランス随所で感じたのは

古き良きものを大切にしていて、
近代的さや利便性よりも
残すべきものを残して、好きなものを好きって言ってるみたいに感じた。
町のインフラひとつとってみても
少しチープ、それがすごくおしゃれにみえた。

たくさんの移民の方がいて、色んな感情であふれていて、

全てが優しいものではないし、
厳しいこともあるんだけど、
その中で、教えられることがたくさんりました。

P1000272.jpg

帰れなくなる。

△page top

アンキャフィ、シフブプレ!? 

思い立ったが海外旅行!!

P1000223.jpg
(ノルマンディー地方の小さな町。かわいい)

ヨーロッパへやってきました。
早朝出発で、お昼にフランスのシャルルドゴール空港に到着。うわーすごーい!!早ーい!!

いや違うの、12時間もかかってるの。
過去ワープ。時差すごい。

fc2blog_2016090521095208a.jpg

21:00のエッフェル塔

fc2blog_201609052115238f7.jpg

パリの空は、トリコロール

聞いていたとおり、多種多様な人種の方で溢れていて
目に入るものすべてが刺激的で好奇心ではちきれそうになりました。

賑やかで可愛らしい街並み。
一生懸命コミュニケーション取ろうとすると、
愛くるしいリアクションが返ってくる。
言葉全然わかんないのにね。
気持ちが伝わるってすごいなー。

真夜中へとへとになるまで歩いて、
かれこれ何十時間たったのかしら?
計算するまもなく、ふかふかのベッドに吸い込まれていきました。笑

さて、ちょっとここから旅行日記になりますね。


△page top